目の疲れや眼精疲労に効く薬ってあるの?<目薬や飲み薬>

目の疲れは頭痛や肩こりなどを引き起こすこともある不快なものです。
仕事の能率にも影響する場合もあり、何とかして治したいものですね。
目の疲労に効果がある薬はあるのでしょうか。

 

眼の疲れに効く薬はどんな成分?

 

目の疲れに効く薬としては、目薬と飲み薬の二つが考えられます。
目薬ならビタミンB1やビタミンB6などの成分が入っているものが効果があります。
飲み薬の場合は、ビタミンB群の他、ビタミンB1誘導体フルスルチアミンなどが配合されているものもあり、目の疲れから来る肩こりや腰痛などにも効果を発揮してくれるものがあります。

 

目の疲れに効果的な目薬

 

目薬

 

ロート製薬の養潤水は、睡眠中の瞳の修復力に着目した目薬で、眠っている間に眼精疲労を癒して細胞を修復させます。
就寝前の一滴が目を癒してくれます。
また、同じくロート製薬の新ロート目薬はアラントインという成分を配合していて、この成分が角膜や結膜表面の傷を修復してくれます。
その他、目の調節機能を修復する成分や消炎効果のある成分が疲れ目を回復してくれます。
参天製薬のサンテドゥプラスEアルファは疲れやすい毛様体筋に作用して目の機能を回復させてくれるビタミンB12や血流を良くするビタミンEなどの5つの有効成分が目の疲れの改善や眼病予防に役立ちます。

 

目の疲れに効果的な飲み薬

 

飲み薬

 

小林薬品工業のパイルズEXハイFは、視神経に働きかけて視力低下を予防するビタミンB1、B12と目の炎症を抑えて疲労回復に役立つB6を補給することで眼精疲労に役立つ錠剤タイプの飲み薬です。
神経痛や腰痛にも効果を発揮する飲み薬です。
武田薬品工業のアリナミンEXプラスにはビタミンB群の他に血行を良くするビタミンEも配合されていて、体の隅々まで血流を改善し、目だけでなく肩や腰の疲労にも効果を発揮します。
皇漢堂製薬の新ネオビタミンEX クニヒロも目の疲労回復に役立つビタミンB群に血液の循環を促進するビタミンEが配合されています。
他にもエネルギーの産生や脂肪の合成・分解に役立つパントテン酸カルシウムも配合されていて、眼精疲労に効果的です。